スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年齢を重ねての孫育ては大変

先日、孫の面倒を見ている祖父母にアンケートを取ったら
不満も結構多かったとの事

核家族が増えて、同居することが少なくなったとはいえ
最近は、出産した後も復職する女性も増えて
そんな中、保育園は足りないし
おばあちゃん・おじいちゃんに面倒を見てもらうケースも増えているようです

不満なのは
まず、当然ですが、体力が下がっているので
単純に小さい子の面倒を見るのが大変
これはわかります
うちも実家のすぐ近くに家を建てて
病気する前は夜勤の時は、子供たちを実家で面倒見てもらっていました

もう小学生にも高学年になってくるとだいぶ楽になるのですが
私が本格的に仕事をし始めたときに、長男5歳・次男3歳
私は1人っ子なので、娘1人しか育ててこなかった母が
60を過ぎて、2人の男の子を育てるのが大変すぎて
私の子供を面倒見るのが老後の夢だと言っていたけど

「こんな大変だとは、男の子だしねぇ、あんたはおとなしい子だったし」
母にしてみれば予定外の(予定できるものでもないんですけどね)男子2人だったらしく
子供が小さいうちは、私も母もお互いにストレスを抱えてギスギスしている時代もありました
(さすがに今はそんなことありませんけど)

それで、そのほかで不満の中で多かったのは
「感謝がない・気を遣わなすぎ」

義理ならともかく、実父母だとどうしても甘えてしまうのかもしれませんね

私たち親子は
確かにギスギスしていた時もあったけど
実の親とは言え、人に面倒を見てもらっている以上感謝して
その思いをちゃんと言葉にして伝えるようにしていました

特に私の病気が悪化した後は
かなり両親に負担をかけたので、申し訳ないと思っていつも
「ごめんね、ありがとう」と言っています

さすがにこんな状態では、親の方も
「子供を助けて、孫を大事にするのは当たり前じゃない」と母は言ってくれますが・・・


親しき中にも礼儀ありで
自分が仕事で疲れていても
自分と育児の方法で考え方が違っても
まずは「ありがとう」でよいのではないでしょうか

祖父母の世代とは価値観が違います
当然、考え方や感じ方に違和感があって当たり前です
しかも、大体歳を取ってくると頑固になるので
こちらが「それはやめて」と言っても自己主張を曲げないことも多い

個人差という性格の違いもあるので
あまりに相いれない場合は、思い切って距離を置くのも1つの方法かもしれませんが
今のままの状態を続けたいのなら、若い私たちの方が大人にならないとやっていけないことも多いのだと思います

うちは、おばあちゃんが私より厳しいし、価値観を押し付ける傾向にある

今は子供たちもいろいろ理解できる年齢になったので
子供たちとも話し合い
「私ともども上手におじいちゃん・おばあちゃんとおつきあいしよう」
「お世話になっていること・私たちを愛してくれていることに間違いはないので、ちゃんと感謝をしよう」

そんな感じで、比較的良好な関係を保っております

でも、これは子供が大きくなったからできること
小さいうちは何かと大変ですよね、実際うちもそうだったし

まだ小さいお子さんをおじいちゃん・おばあちゃんに面倒を見てもらっている方
ちょっと大変だったとしても、気に入らないことがあったとしても
「ねぎらいの言葉だったり、感謝を伝えることでずいぶん関係が良くなることもあります」
物事が思い通りにいかないのは私たちも、祖父母世代も同じなのです
自分が忙しいとついつい他人のことに無頓着になりやすくなります

そんな時だからこそ、本当は気に入らないことがいっぱいだったとしても
「感謝の気持ちを伝えてみる」
これで、以外に関係が楽になるかもしれませんよ
うちはそれでなんとか切り抜けてきました

これは、あくまで私の場合なのですべての方にいい方法だとは言い切れませんが・・・

おじいちゃん・おばあちゃんが鬱陶しいけど、面倒みてもらって文句も言えないし・・・
と、ストレスの溜まっているであろう方々

自分の親とは言え、自分自身はもう1人の大人として成人している身です
こちらが大人になってみましょう
親を見下すのではありませんよ

私もかなり大変な時期がありました
皆さんが上手に切り抜けて充実した毎日を過ごせるように
いつも祈りつつ、母乳マッサージなどで不満を聞くときは
なんとか上手にアドバイスできるように頑張っています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。