スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠線予防のお話

寒いですね~

まだまだ寒い時期が続くのはわかっているんですけど
「早く暖かくならないかな~」これこの時期になると毎年言っています

熱いのも大変だけど夏の方が好きですね

昔はよく泳ぎに行ったなぁ、プールとか海とか・・・
運動神経が機能しない私でも、多分25メートルくらいはものすごい遅さで泳げると思う
って言ったら、元水泳部の夫に「それは泳げるとは言えないんじゃあ」

水に体が浮くんですから泳げるんですよ
浮かないから泳げない人のことを「カナヅチ」って言うんじゃないですか


話が逸れましたが
泳ぐのなら冬でも温水プールで泳げますよね
でも私が求めているのはそういうんじゃないんですよ
まぁ、どっちにしろもう水着になれない・・・

ぽってりしたお腹やむっちりの2の腕を眺めつつ
「何とかならんかなこのお腹」と思ったのと同時に
そういえば昔はビキニなんかも着てたな~今となっては懐かしい・・・

そして、例えば痩せたとしても
私のお腹には立派な妊娠線があるのでビキニは着れない・・・
(今更ビキニなんて着ませんけどね。お腹には手術の後もあるし)


できちゃったんですよね、妊娠線
あれは、二男ちゃんの妊娠9か月半過ぎたころ・・・

長男ちゃんは2626gだったせいなのか妊娠線はできなかったのですが
二男ちゃんは3200g、体重が関係したのかどうかはわかりませんけどね

「なんかおなかの下がかゆいな」と思ったら
みるみるうちに赤いみみずばれがお腹に・・・
もう何をしても間に合いませんでした

一応オイルみたいなものは毎日塗ってたんですよ
でも、予定日に近づくにつれどんどん広がるばかり

色は消えますが、今でもスイカの柄のように残ってしまった妊娠線
これもなんとかならなかったのかなぁ~


☆ここで妊娠線についての説明を
妊娠線(にんしんせん)とは、臨月 近い妊婦の腹部の皮膚 の真皮や皮下組織にできる亀裂のこと。

皮膚は表皮 、真皮 、皮下組織 から成り立っている。 妊娠 してお腹が大きくなってくると、表皮は伸びることができるが、その下の真皮や皮下組織の一部が伸びにくいため弾性線維 に亀裂が生じることによっておこる。 皮膚線状や線状皮膚萎縮ともよばれ、男女問わず成長が著しい場合や急激に太った場合、クッシング症候群 の際にも出現する。

妊娠線は最初赤紫の線としてでてくる。一度できてしまうと、出産後も完全には元に戻らないが、時間の経過とともに目立たなくなる。(ウィキペディアより抜粋)


そうなんですよ

いろいろ調べてみたのですが、今のところ

「現在の技術では妊娠線を完全に消すのは無理」なのだそうです
出来るだけ早いうちに目立たなくするケアをすれば改善はみられるそうなのですが・・・


私の場合二男ちゃんを産んでかれこれもう13年になります
今更どうしようもありませんが

これからの皆様に少しでもお役にたてるようにアロマの妊娠線予防もしくはできてしまった後のケアについてちょっとだけご紹介しようと思います
(前置きが相変わらず長くてすみません)


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・

妊娠線予防のキャリアオイル
(キャリアオイルとはマッサージに使う時のベースになる基本的に香りの入ってないオイルです)

  ・スウィートアーモンドオイル(一番ポピュラーなオイル、保湿効果があります)

  ・アプリコットカーネルオイル(いわゆる杏仁からとれます、アーモンドより乾燥肌向き、お顔の手入れにもOK)

  ・ホホバオイル(温度が低いと固まるので伸びが悪いところもあるけど保湿効果あり、アレルギーの人向け)
  

  ここまでが一般的によく使われるオイルです、さらに

 ・ローズヒップ・ローズヒップオイル(アンチエイジングによく使われるオイル、酸化が速い)

 ・アボカド・アボカドオイル(ビタミンEなどが豊富)
  
このあたりはお値段がやや高いし、ローズヒップは酸化が速いため持ちが悪いから、単独で使わず 

  先の3つのオイルのどれかに5%~15%くらい混ぜて使うことが多いですね

  もちろん単独で使ってもいいですよ

  アボカドオイルは、聞くところによると芸能人の皆様も愛用してるらしいです


妊娠線予防のエッセンシャルオイル
 
 ・ローズウッド

 ・ベンゾイン

  この2つは保湿効果があります


 ・パルマローザ

 ・フランキンセンス

 ・ネロリ


  これはアンチエイジングの精油ですね

  このあたりが妊娠中でも安心して使える精油ではないでしょうか

 ・ラベンダー

 ・ゼラニウム

 ・ローズ

 などもいいのですが、やや女性ホルモン用の作用がありますので使用されるときはアロマの専門の方に相談していただくといいと思います


出来てしまった妊娠線のケアに使うエッセンシャルオイル

 ・ジャスミン

 ・フェンネル

 これは出産時に良いオイルでもあるので妊娠中は使用しないほうが無難

 ジャスミンは化学薬品を使って抽出されたものだ多いので敏感肌・アレルギーの方は使用しないほうがいいですね


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*

妊娠中のお手入れオイルのおすすめレシピ
✿ホホバオイル 40~45cc

  (またはアーモンドかアプリコットオイル)

 アボカドオイル 5~10cc

  (アボカドオイル100%でもOK)

 ローズウッド 6~8滴

 パルマローザ 4~6滴

 フランキンセンス 2~4滴

 ネロリ1~2滴


産後のお手入れオイル
✿上記のキャリアオイルに

 ジャスミン 2~3滴

 フェンネル 1~2滴

 ネロリ 1~2滴

 ローズウッド・ラベンダー・ゼラニウム・パルマローザ・フランキンセンス・などをお好みで10滴以下で



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*


 (敏感肌の方は滴数を半分か3分の1に減らして濃度を低くして使ってください。
滴数はお好みで変えていただいて大丈夫です)


ネロリ・ジャスミンなどは高価な精油なので使いづらい、たくさん精油を揃えるのは大変
こんな場合はローズウッドとパルマローザ、フランキンセンスのどれかを使用していただければいいし
キャリアオイルは、アーモンドかアプリコットでも保湿効果があるのでこちらでも十分です

毎日お風呂上りに塗っていただくといいですね


*50ccに対して20滴で2%です

 それ以上の濃度にならないよう気を付けてください

 10ccで2滴で1%、4滴で2%です。目安にしてください



要は表皮が急激に伸びてひび割れてしまうので、皮膚を乾燥させないように潤いを与えておくことが大事

しっかり、くっきり妊娠線のある私が言っても説得力がないかもしれませんが,ぜひお試しくださいね


だけど、13~14年前まで着ていたビキニの水着が残ってるんだけどどうしよう・・・
今着たらすごいことになるだろうな~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。