スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします


今年の1月でこの助産院を初めて4年になります

その合間、病気で1時活動を制限した時期もありましたが

病気の後、HPを作り直し、ゆっくりではありますが
地道に活動することができました


まだまだ勉強不足で、至らないことがたくさんあると思いますので
知識・技術ともに成長できるよう頑張って行きたいと思います


かれこれ10年ほど前、始めて助産院で働いて、そこでお産や母乳ケアなどを勉強させてもらっていたわけですが
今まで知らなかった技術や知識を得ることができたのと同時に
病院勤めでは気が付かなかったことに気づくこともありました

その1つは「優しさやいたわりの心の循環」です

出産も育児も女性にとっては大変なことです

その大変な時に、冷たい態度を取られたり心無いことを言われると
いつもよりも傷つきやすくいつまでもトラウマのようになってしまうこともあるようです

赤ちゃんを育てるにあたり、自分に余裕がなく精神的にまいっている状態では
「可愛い」と思えなかったり、やさしい態度で赤ちゃんに接することが難しくなるかもしれません

逆に、大変な時に周りからやさしい言葉をかけてもらったり、いたわってもらうことができると
気持ちに余裕ができて、周りにも優しくなれるのではないかと思います

その修行していた助産院で、1人1人にみっちりかかわることができて大変な時も寄り添うことができると
関わった産婦さん褥婦さんの心が和らぐのを感じることができました

自分に余裕ができると人のことも考える余裕が生まれます

赤ちゃんのお世話をするにも自分の気持ちが精いっぱいでは、マイナスの感情ばかりが湧いてきて追いつめられた気持になる人も少なくありません

「誰かにやさしくしてもらうと人にもやさしくできる」

そういう気持ちやかかわりが循環していくと世の中はもっと優しくなれるのかもしれない、などと思うことが助産院にいる間によくありました


4年前、まだまだ技術的には未熟で知識も乏しいところもあるかもしれませんが
「できるだけ時間を取って、育児の大変さを理解していたわりの心を持って接することができれば、それで少しでも心に余裕を持ってもらうことができれば、育児しやすくなるかもしれない」
と、思って独立して始めることにしました

言葉が足りなかったり上手に説明できなかったりして
すべての人にうまくケア・指導できないこともあるかもしれませんけど
せめて「優しさが循環」するように初心だけは忘れずにいたいものです

もちろん、技術や知識の向上を目指すのは言うまでもないことですが・・・


私と関わった妊婦さん産婦さん褥婦さん、アロマのケアに来ていただいた女性の方が幸せでありますように
今年も頑張って行こうと思います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。