スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度の目標?のような・・・

3月初めに無事看護学校の講義を終え、テストも作って採点して
とりあえず、今年度の仕事は終わりました

看護学校の講義については今年の9月からまた再開します
半年ほど、踏ん張って資料を作って
他には、自分の助産院のお仕事以外何もしていなかったにも関わらず
そこそこ、忙しく月日が流れていきました

もう、後は手直ししながら、作った資料を使えるので
資料作りにここまで時間を取られなくてもいい・・・
あぁ~良かった・・・

4月からは時間に余裕ができるので、もうちょっと母乳やアロマのお仕事を増やせれたらいいなと思っています

あんまり、急に増やすと体に負担がかかってもいけないので
コンディションを考えつつ~といった感じになりますけど

病気が悪化する前には、1日3件依頼を受けていた時もあったのですが
(毎日じゃないですよ、たまにの話ですよ)
お一人2~3時間とることが多いので、移動時間を入れると朝から夜までになってしまうので
今の体力と家事を両立させようと思ったら
午前と午後に1件ずつにして、多くても1日2件
予約が2日続いたときは次の日は休みを取るなどの
体調とのバランスを考えたやり方でやっていこうと思います

そういえば、昨年の再開時に少し料金を上げさせていただきました
さすがに安すぎると同業者から指摘されましたので・・・
(アロマの方は他と変わらないぐらいなんじゃないのかなと思いますが)
でも、施術や相談の内容・時間を友人に伝えると
「もうちょっと金額をあげてもいいんじゃないの」と言われるのですが
このままでいきたいと思います

保険使えないし、地域によっては補助金が出るところもあるらしいのだけど
この辺にはそういう制度がないですからね
病院行くよりお金がかかってしまうのが辛いところです

実は、自分の病気の悪化で1時休業する前に
2回連続で連絡なしのドタキャンされたことがありまして
あまり金額が安すぎるとこういうことを招くのかもしれないと思い
再開する前に若干料金を上げたのですが
やはり、相談を受けたい・施術を受けたいと思っていらっしゃる方に
負担にならない程度に抑えたいなと思うのです

仕事である以上、お金をいただくわけなのですが
本来は喜んでもらったり安心してもらったりするのが
私にとっては1番うれしいことなのです


前々記事でツイッター始めたもののどうしたらいいかわからないと書きましたね
今年はどこかで妊婦さんやママさん対象のアロマセラピー教室をしたいのですが、これも近くで借りれそうな場所が微妙で
しかも、どうやって人を集めたらいいのかもわからない
こういうのをSNSに載せたらいいのだろうか?

上手に情報を発信している人はすごいな~と思いますね

こんなんで、今年できるんだろうか?

年の初めは1月ですが、4月からは年度の始まりとして
今年度にやりたいことを考えてみたけど
具体的なイメージがまだぼんやりしています

自身も現在進行形の病気ですし、長男も大分回復傾向にはありますがまだ治療中ですしね
ぼちぼち、縁のある所から少しずつ手を付けていこうと思います^^

とりあえずブログの更新はツイッターでUPしようと思います
それでなにか変わるんだろうか?
スポンサーサイト

保育園落ちた・・・って話題

保育園落ちた日本~・・・ていうブログが話題になったかと思えば
なんと、国会まで話が広がってしまいましたね

保育園に入れられなかったことで、お仕事を辞めなくてはならなかったり
お仕事を変えなくてはならなかったり
「一億総活躍じゃなかったのかよ!」というブログ主さんの憤りは理解できます

私よりも賢い方々がこの件についてはしっかり論じられておられるようですので
私は、自分の仕事を通して身近なことしか書けませんが

まだ1歳にならないけど、母乳をやめて働く準備をしないと・・・というお母さんに
「育児休暇は1年取れなかったんですね?」と聞くと
「育児休暇は1年あるんだけど、この4月に保育園に入れないともう入れないんですよ」
会社の都合というよりは、保育園の都合で仕事を早めたり遅くせざるをえなかったりする現状もあります

私の場合は、預け先は順番待ちで、当時両親と同居していた私は後回しにされるということだったので
5~6年ほど主婦していました
そのころ母親も50代で介護福祉士の仕事をしており、とても子育ての手伝いができる状況でもなく
「同居だからって子育てしてもらえると思うなよ~最近のおばあちゃん世代は働いている人も多いんだぞ!」

昔の3世代同居家族を理想にしようったって無理なんですよ
今のライフスタイルに合わせたように政策を立てていただきたいものです

産後すぐの状況も私が助産師になってから、この20数年で変わってきました
赤ちゃんが生まれて実家に帰ってきても、日中は家の人が働きに出払っていて産後のお世話は最低減しかしてもらえない
どちらの実家にもお世話になれないから、退院して来たら全部自分でしないといけない
そういう方が増えています

働きに出るための保育園以前に、産後のお母さんがしっかり体を休めて育児できる環境すら難しいのが現状です

晩婚化で出産年齢がどんどん高齢化しています
それ自体が悪いわけではありません
ただ、子供を産んだかと思えば、今度は親が高齢で介護が必要になるという
育児と介護を両方請け負わなくてはならない事例も増えています

おじいちゃん・おばあちゃんに子供を見てもらうどころか
介護が必要な状態になってしまいますと
働くどころか育児と介護で目いっぱいになってしまいます

そういう方々にも保育園の預け先がないと、身体的にも精神的にも追い詰められ大変です
実際、知人に2歳・4歳の子を抱えて義母の介護を~という方がおりました
「働いていないと保育園に預けられないし、でも働いているような余裕もないし、それでも介護のことを考えると子供を預かってほしいし、本当に困っている」

多かれ少なかれみーんな困っています。多分


保育園の数は増えているんですよ
でも保育士さんの待遇を改善しないと人手不足がいつまでも解消されません

乳児・幼児相手は大変ですよ
私は、自分の助産師の仕事よりも大変なんじゃないかと思うくらいです
お給料や労働環境の改善を早々にお願いしたいです
保育園だけごろごろ増えても、保育士さんの質が向上しないと
保育園での虐待や事故が減らないと思います

保育士さんも看護職と同じくらいの待遇になってほしいものです
介護も人手不足と質の向上を望むのであれば、待遇改善が必須だと思います


ところで
時の大臣のようなセレブな生活をされている方に
「庶民の気持ちがわからない」って突っかかってどうするのだろう
大きな民意として、多少騒ぎになるのは悪いことではありません
騒ぎが大きくなれば世論が問題を見捨てていくわけにはいかないでしょうから
でも、問題が取り上げられたら騒がずに議論してほしい

政治家の方々にお願いしたいのは
現実的に何が必要なのかをしっかり審議して、実のある政策につなげてほしいだけなので
感情論に訴えて、言葉の上げ足とって、罵り合うんなら国会でなく別でやってくれ、と思います


保育園問題
困っている人たくさんいますよ

母親が安心してお子さんを預けられて働ける社会に1日も早くなってほしいものです

ブログの言わんとすることは共感しますが「日本死ね」ってのはちょっと・・・
心情的にわからんでもないですが
大元の国家がなくなったらもっとえらいことになりますよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。