スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪のお手入れにアロマセラピー

皆様シルバーウィークはいかが過ごされたでしょうか?

我が家はお墓参りくらいでどこへも行かずゆっくりしておりました
今まで出来なかった家のことを旦那と一緒にしていたのでゆっくりとはいえないかもしれませんが・・・

さて、久々のアロマ記事です

以前お肌のお手入れをご紹介したんですけど「髪への作用は?」というご質問もいただいていたので、今回記事にさせていただきました

アロマを使うといっても精油を直接頭皮に塗りこむことは出来ないので
キャリアオイルにブレンドして「ヘアパック」として使い、あとでシャンプーで洗い流す使い方が1番使いやすいのではないでしょうか

ヘアパックに使うキャリアオイルはナッツのアレルギーがある方はアーモンドやマカデミアなどは使用を控えた方がいいので「ホホバオイル」を使っていただくのが1番無難かもしれませんね
髪に栄養を与える作用もあるしアーユルベーダで使われている「セサミオイル」もいいかもしれませんね
紫外線から守る作用があるのは「ココナッツ・椿オイル」
ちょっと高価なものであれば「アルガンオイル」

「ヘアパック」ではべたべたして気持ち悪い・・・というのであれば
シャンプーやトリートメントにいれて使う方法もあります

ですが、これは一般のシャンプーではいろんな添加物が入っていますので、できれば天然素材のもので香料が入っていないものがお勧めです

実は10年位前に「生活の木」と言うブランドでブレンド用の無添加シャンプーとリンスを買って、髪にいいとされる精油をいれたんですけど
これが使ってみたら、元々硬くてくせ毛で広がる髪質の私には「ごわごわ」になるだけで、到底使えるものではありませんでした
(その後誰かにあげました^^;)

シャンプーやリンスに入れるのは無理だな、などと勝手に思っていたけどあれから10年、使えそうなものを探してみました
それで、調べてみましたらあの「牛乳石鹸」の会社が出しているシャンプーを見つけました
うちでは最近、赤ちゃんにも使える「牛乳石鹸」を使ってます
そして、アトピーもちの二男が今まで使っていたコンディショナーでは身体がかゆくなると言うので、なんとか無添加・無香料のものを探していたのです
二男は髪が太くて癖毛でトリートメントしないとまとまりのない髪に・・・だから二男でも使えて、さらに私にもお肌や髪にいいものを探していたのです
今は、「馬油シリーズ」を使ってますが、こちらの牛乳石鹸ブランドの方がコスパがいい
(馬油はかゆくならないし調子いいですよ)
早速取り寄せてみました、馬油シャンプーを使ったらこちらを使ってみたいと思います
それで、私用に精油をいれてみよう

以前ご紹介させていただいた、愛知県一宮市のエステティックサロン「クラージェ」さんには
無添加・無香料のシャンプーを取り扱っているので、精油を入れて楽しみたい方は一度お尋ねしてみてくださいね


前置きはこのくらいにして
ヘアケアに良いアロマは

頭皮の皮脂抑制:シダーウッド ジュニパー レモングラス ローズウッド サイプレス レモン グレープフルーツ

皮脂バランス調整:ゼラニウム イランイラン

髪が痛んでパサつくとき:イランイラン Rカモミール ローズマリー サンダルウッド

髪の成長促進:イランイラン クラリセージ ローズマリー

ふけの抑制:クラリセージ タイム ローズマリー ティートリー ラベンダー ゼラニウム

頭皮の強壮;イランイラン ローズマリー

こうしてみると
髪の成長促進・毛つやを与えたいときはとして使っていただきやすい精油は
・イランイラン ・ローズマリー ・ゼラニウム 辺りがいろんな作用がありますので使っていただく分にはいいのではないでしょうか
高価なのですが、ジャスミン ローズもいいですよ。気軽に使えそうにありませんけどね

フケが気になったり、頭皮をさっぱりさせたいときには
・シダーウッド ・サイプレス ・ジュニパーなどのデトックス効果のあるものを使うのもいいかもしれません

ブレンドにはレモン・グレープフルーツは血行を促しますし、香りもいいので一緒に入れていただくといいかもしれません

☆お勧めのレシピは(シャンプーまたはリンス・オイル20ccに対して)
 ①・イランイラン 1滴                    
  ・ローズマリー 2滴                    
  ・グレープフルーツ 4滴                   

 ②・ゼラニウム 1滴
   ・シダーウッド 2滴  
   ・レモン 4滴 

  ③・クラリセージ 2滴
    ・サンダルウッド 4滴
    ・ジュニパーまたはサイプレス2滴

  

イランイランはまったりとしたお花の香りなので、沢山入れると自己主張が強すぎるかもしれません
柑橘系をちょっと多めにしてさっぱりとしたレシピにしていただいた方がいいかもしれませんね
柑橘系はあまり多くしてしまうと頭皮への刺激が強いので入れすぎには注意してくださいね


☆ヘアパックの使用方法

①頭皮をブラッシングします
②キャリアオイルにお好みの精油を入れて混ぜます
③頭皮全体に塗りこんでマッサージします
④シャワーキャップをかぶるか、蒸しタオルでくるんで20~30分おきます(1時間と言う方もいます)
⑤油でべとべとしていますので、念入りに洗います。頭皮もしっかりと・・
  (浴室の床がベトベトになるから洗面台で洗った方がいいかも)
⑥オイルでしっとりしているので、リンスやトリートメントは控えてもらった方がいいかもしれません

*スタイリング様に少量毛先や痛んだところ、まとまって欲しいところに少しつけていただくのもいいですね

ヘアケアにハーブティを使う方法もあります
濃く入れて冷ましたハーブティかドライハーブを入れた液をヘアリンスとして使用します
特にネトルの浸出液をリンスに使うと、ふけがでにくくなり、髪につやを与えるそうです
全体の10分の1くらいの酢を加えるとさらに効果があるようですよ~

(私は試したことがないのですが・・・)

シャンプーやリンスまたはオイルに精油をブレンドするときは、1~2%の濃度にしてくださいね
10ml=2滴で2%です

牛乳石鹸ブランド(カウブランド)に精油ブレンドがうまくいったらまた記事にUPしますね^^
スポンサーサイト

最近の男女平等ってなんだろうって考えてみる

この度の大雨で甚大な被害が出ました
心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早く普段どおりの生活に戻ることが出来るよう願っております
願うだけでなく何か私でもできることを考えないといけませんね


さて、気がついたらあっという間に9月の半ばになっていました
アロマの記事を読んでくださる方もいらっしゃいますので、子供の夏休みが終わったらUPしようと思っておりましたが、看護学校の講義の準備が思ったより時間を取ってしまいできずにいます

本日2回目の講義を終えることが出来ました
新しいことに慣れるまで大変ではありますが、なんとか続けられそうです
週11コマの授業ですが、3月末までありますので、いまくじけるわけには行きません


今日講義した内容の1つに「セクシュアリティ」というのがありました

性同一性障害とかジェンダーアイデンティティとか、私の時代にはなかったことが講義内容に入っています
こういう時代になったんだな~と思うとともに、最近のジェンダーフリーについてちょっと考えるきっかけになりました

1昨日のネットの記事だったでしょうか?
アメリカの学校でトランスジェンダーの子が複数いるので、トイレを男女一緒にする取り組みをした、という記事

いやいや、なんでも一緒にしてしまうことが平等ではないでしょう
男性でも女性でも人はすべて平等であるのが基本ですが
絶対的な性別の差と言うものがあります

それぞれの違いを認識してその性別にあった環境を提供するのがいいのではないでしょうか
もちろん性的マイノリティの人々にも適応できる環境を考えるのも大事ですが・・・

ここ10数年わざわざ「女性外来」という、女性専門の外来が各病院で開設されています
女性に特化した総合医療を行う専門外来です
ちなみに「男性外来」というのはありません
これは差別でしょうか?

もしかしたらもう数年後には「男性外来」もできるかもしれません
男性にも更年期はありますしね

女性外来は必要性があるからできたのであって、むやみに女性の権利を主張するためにできたのではないと思っています

男性には男性の、女性には女性特有のものがありますので
性別の違いを考えた教育や医療は大事なんじゃないかと思うわけです

医療においても、性別だけでなく人種の違いでも病気の発生率や同じ薬の治療効果の違いなどがあります
地球上の人類全体をひとくくりにして治療の基準を考えてるわけじゃないです

違いを理解して、個体差にあう環境や医療があって平等だと思うんですよね

男も女もみーんな同じ条件で物事を進めるのはどうなんだろう?
講義の資料をまとめながら考えてしまいました


次回はアロマの記事でも久しぶりにUPできたらと思います

大分秋めいてきましたが、まだまだ暑い日が続いていますね
夏バテではなく、秋バテもあるそうな?
秋バテってなんだろう?ちょっと調べてみますね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。