スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のデジタル化に驚いたこと

1週間に1度くらいは更新したいと思うのですが、なかなか筆が進まないこともあります

最近病院通いをしているのですが、驚いたのが患者確認と薬剤を間違えないように使われているのが
「スマホ」

「すごい、今ではスマホ使ってるんですね」ってきくと
「始めたばっかりなのでまだわからないことが多いんですよ~」

なんて答えていましたがしっかり使いこなせています

今は電子カルテの時代ですしね

大きな病院に勤めていたのがなにしろ20年以上前なので、今頃はあの病院もデジタル化されているんだろうな~と思うと
この歳でついていけるかどうかかなり疑問です

多分、電子カルテの方が管理も楽だし患者の情報も見やすくて間違いが少ないと思います

以前勤めていたクリニックでは手書きでしたが、それも味があってまたいいんですけどね
個人病院では、予約もまだノートに手書きしているところもあります

どっちがいいんでしょうね?

大学病院みたいな大きな病院だといちいち手書きだと煩雑なので電子カルテでないとこれからは困るような気がしますが
個人病院なら無理してわけわからずデジタル化しなくってもいいかもしれませんね

ただ、デジタル化はいいんですけど、医学は日進月歩
新しいことが次々出てきます
今臨床から離れているので、遅れて行かないように勉強していかなくてはなりません

お産された方は経験があると思いますが
お腹に「陣痛と赤ちゃんの心音」を連続的に取る機械をつけたことがあると思います
これも、私が卒業したときの基準と違うんですよね
「え~今はそんな風に解読するんだー」なんて新しい本を買ってお勉強中です
日々、勉強していないとついていけません

母乳に関してもそうです
学会でいろんな新しい発表があります

ただ、昔から大事にされているものもあるんですよね
最近の若い助産師さんが
「新しいことを知っていないと怖くて仕事ができない」と言っていて
言い方は悪いのですが「頭でっかち」になっているのを見ると

確かに妊産婦さんに安全を届けるのに学習することは当たり前ですが
その前に大事なことがあるんじゃないかとこの頃思うことが多くなりました

歳とったせいかもしれませんけどね

ちょっと愚痴ってしまいましたが
安全であることは当たり前、いくつになっても勉強するのは当たり前
でも機械や学問に頼らず、心に寄り添うケアであってほしいと
私自身も含めて、多くの助産師が思ってくれるといいなと思うのでした
スポンサーサイト

妊娠中のアロマセラピー

体調を崩す方が増えているようで、うちの子供たちもいまいち調子が悪いです

長男も私も今は風邪をもらいたくないのですが、なるべく気をつけていても感染するときはしてしまうんですよね
基本的な手洗いうがいを心がけたいと思います

さて、今回はアロマのお話ですが

アロマが好きな方でも妊娠中は使える精油が限られています

子宮収縮を促す精油は基本的に使えません

子宮収縮を促す精油は
・クラリセージ ・ジャスミン ・クローブ ・ナツメグ ・フェンネル ・レモンユーカリ ・ラバンジン
このあたりが主なものです
こちらは逆にお産の時に役に立ってくれますね

お産の時のマッサージオイルについてはまたいずれ書きたいと思います
クリニックでお産していたときいつも「マイオイル」を持っていました
これで骨盤周りをマッサージします

このお産の時に役立つ精油は妊娠全期にわたって芳香としても使わないほうがいいでしょう

その他にも女性ホルモン系に作用するものがあるんですが、人によっては絶対にダメですというものでも、ルームスプレーにして他のものとブレンドしたものをたまに嗅ぐ程度であればそんなに問題ないと思っています
・ローズ ・カモミール(ローマン・ジャーマン) ・イランイラン ・ラベンダー ・ゼラニウムなどのお花系
・サンダルウッド ・ジュニパー ・マジョラム ・パチュリー ・ローズマリー ・レモングラス
・ユーカリ(ラディアタ・グロブルス・カンファ―) ・パイン

こちらは妊娠6か月以降は使いすぎなけば問題ないと思います

妊娠初期から使えるものは
・グレープフルーツ ・スイートオレンジ ・レモン ・ベルガモット ・マンダリン などの柑橘系
・ネロリ ・フランキンセンス ・パルマローザ ・ローズウッド ・ティートリー

ネロリはビターオレンジのお花ですがこちらはお花系でも大丈夫

6か月から使えるものでも、デュフューザーでずーっと同じ精油を嗅ぎ続けるとか、高濃度でマッサージとして使うのは控えたほうがいいかもしれませんね

たかが香りかもしれませんが、鼻から入った精油の成分は脳を刺激して各臓器に影響を与えます

個人差もありますので、大丈夫だと言われている精油でも合わないと思ったら辞めたほうがいいですし
妊娠中はいろんなことに敏感になっているので、本能的に「嫌だな」と思ったものは避けたほうが無難ですね

そんなに神経質になることはないのですが、「これは止めたほうがいい」と思うものは避けて
それ以外のもので自分に合うものを探して楽しんでいただけたらと思います

単品であまり好きではない香りでも、ブレンドすると感じが変わりますので
芳香として使う時もいろいろなブレンドを楽しんでみてはいかがでしょうか

安心して使える柑橘系は好きな方も多いのですが、ツンツンした感じが苦手という方もいらっしゃいます
そういう時はローズウッドなどのやわらかい樹木系のものをブレンドすると落ち着いた感じになります
いろいろ試してみてくださいね


アロマの精油はたくさん揃えようとするとかなり高額になってしまいます
最初はお値段が手ごろな2~3ml程度のものを何本か買ってみて、その中で気に入ったものだけを10mlで購入してみるといいと思います

100均で売っているものは「ラベンダー」ではなく「ラベンダー風の香料」なのでアロマセラピーとしては使えません
できれば成分表が入っているものがいいですね


段々寒くなってきたと同時に乾燥してきました
風邪予防にアロマ加湿器を使い始めました

風邪と言えばのどにはユーカリとか、殺菌効果という意味ではティートリーがいいんですが
旦那や子供たちが受け付けません

柑橘系などをぐるぐる使いまわしています

私だけの時はいろんな香りを楽しんでいるんですけどね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。