スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年齢を重ねての孫育ては大変

先日、孫の面倒を見ている祖父母にアンケートを取ったら
不満も結構多かったとの事

核家族が増えて、同居することが少なくなったとはいえ
最近は、出産した後も復職する女性も増えて
そんな中、保育園は足りないし
おばあちゃん・おじいちゃんに面倒を見てもらうケースも増えているようです

不満なのは
まず、当然ですが、体力が下がっているので
単純に小さい子の面倒を見るのが大変
これはわかります
うちも実家のすぐ近くに家を建てて
病気する前は夜勤の時は、子供たちを実家で面倒見てもらっていました

もう小学生にも高学年になってくるとだいぶ楽になるのですが
私が本格的に仕事をし始めたときに、長男5歳・次男3歳
私は1人っ子なので、娘1人しか育ててこなかった母が
60を過ぎて、2人の男の子を育てるのが大変すぎて
私の子供を面倒見るのが老後の夢だと言っていたけど

「こんな大変だとは、男の子だしねぇ、あんたはおとなしい子だったし」
母にしてみれば予定外の(予定できるものでもないんですけどね)男子2人だったらしく
子供が小さいうちは、私も母もお互いにストレスを抱えてギスギスしている時代もありました
(さすがに今はそんなことありませんけど)

それで、そのほかで不満の中で多かったのは
「感謝がない・気を遣わなすぎ」

義理ならともかく、実父母だとどうしても甘えてしまうのかもしれませんね

私たち親子は
確かにギスギスしていた時もあったけど
実の親とは言え、人に面倒を見てもらっている以上感謝して
その思いをちゃんと言葉にして伝えるようにしていました

特に私の病気が悪化した後は
かなり両親に負担をかけたので、申し訳ないと思っていつも
「ごめんね、ありがとう」と言っています

さすがにこんな状態では、親の方も
「子供を助けて、孫を大事にするのは当たり前じゃない」と母は言ってくれますが・・・


親しき中にも礼儀ありで
自分が仕事で疲れていても
自分と育児の方法で考え方が違っても
まずは「ありがとう」でよいのではないでしょうか

祖父母の世代とは価値観が違います
当然、考え方や感じ方に違和感があって当たり前です
しかも、大体歳を取ってくると頑固になるので
こちらが「それはやめて」と言っても自己主張を曲げないことも多い

個人差という性格の違いもあるので
あまりに相いれない場合は、思い切って距離を置くのも1つの方法かもしれませんが
今のままの状態を続けたいのなら、若い私たちの方が大人にならないとやっていけないことも多いのだと思います

うちは、おばあちゃんが私より厳しいし、価値観を押し付ける傾向にある

今は子供たちもいろいろ理解できる年齢になったので
子供たちとも話し合い
「私ともども上手におじいちゃん・おばあちゃんとおつきあいしよう」
「お世話になっていること・私たちを愛してくれていることに間違いはないので、ちゃんと感謝をしよう」

そんな感じで、比較的良好な関係を保っております

でも、これは子供が大きくなったからできること
小さいうちは何かと大変ですよね、実際うちもそうだったし

まだ小さいお子さんをおじいちゃん・おばあちゃんに面倒を見てもらっている方
ちょっと大変だったとしても、気に入らないことがあったとしても
「ねぎらいの言葉だったり、感謝を伝えることでずいぶん関係が良くなることもあります」
物事が思い通りにいかないのは私たちも、祖父母世代も同じなのです
自分が忙しいとついつい他人のことに無頓着になりやすくなります

そんな時だからこそ、本当は気に入らないことがいっぱいだったとしても
「感謝の気持ちを伝えてみる」
これで、以外に関係が楽になるかもしれませんよ
うちはそれでなんとか切り抜けてきました

これは、あくまで私の場合なのですべての方にいい方法だとは言い切れませんが・・・

おじいちゃん・おばあちゃんが鬱陶しいけど、面倒みてもらって文句も言えないし・・・
と、ストレスの溜まっているであろう方々

自分の親とは言え、自分自身はもう1人の大人として成人している身です
こちらが大人になってみましょう
親を見下すのではありませんよ

私もかなり大変な時期がありました
皆さんが上手に切り抜けて充実した毎日を過ごせるように
いつも祈りつつ、母乳マッサージなどで不満を聞くときは
なんとか上手にアドバイスできるように頑張っています
スポンサーサイト

保育園落ちた・・・って話題

保育園落ちた日本~・・・ていうブログが話題になったかと思えば
なんと、国会まで話が広がってしまいましたね

保育園に入れられなかったことで、お仕事を辞めなくてはならなかったり
お仕事を変えなくてはならなかったり
「一億総活躍じゃなかったのかよ!」というブログ主さんの憤りは理解できます

私よりも賢い方々がこの件についてはしっかり論じられておられるようですので
私は、自分の仕事を通して身近なことしか書けませんが

まだ1歳にならないけど、母乳をやめて働く準備をしないと・・・というお母さんに
「育児休暇は1年取れなかったんですね?」と聞くと
「育児休暇は1年あるんだけど、この4月に保育園に入れないともう入れないんですよ」
会社の都合というよりは、保育園の都合で仕事を早めたり遅くせざるをえなかったりする現状もあります

私の場合は、預け先は順番待ちで、当時両親と同居していた私は後回しにされるということだったので
5~6年ほど主婦していました
そのころ母親も50代で介護福祉士の仕事をしており、とても子育ての手伝いができる状況でもなく
「同居だからって子育てしてもらえると思うなよ~最近のおばあちゃん世代は働いている人も多いんだぞ!」

昔の3世代同居家族を理想にしようったって無理なんですよ
今のライフスタイルに合わせたように政策を立てていただきたいものです

産後すぐの状況も私が助産師になってから、この20数年で変わってきました
赤ちゃんが生まれて実家に帰ってきても、日中は家の人が働きに出払っていて産後のお世話は最低減しかしてもらえない
どちらの実家にもお世話になれないから、退院して来たら全部自分でしないといけない
そういう方が増えています

働きに出るための保育園以前に、産後のお母さんがしっかり体を休めて育児できる環境すら難しいのが現状です

晩婚化で出産年齢がどんどん高齢化しています
それ自体が悪いわけではありません
ただ、子供を産んだかと思えば、今度は親が高齢で介護が必要になるという
育児と介護を両方請け負わなくてはならない事例も増えています

おじいちゃん・おばあちゃんに子供を見てもらうどころか
介護が必要な状態になってしまいますと
働くどころか育児と介護で目いっぱいになってしまいます

そういう方々にも保育園の預け先がないと、身体的にも精神的にも追い詰められ大変です
実際、知人に2歳・4歳の子を抱えて義母の介護を~という方がおりました
「働いていないと保育園に預けられないし、でも働いているような余裕もないし、それでも介護のことを考えると子供を預かってほしいし、本当に困っている」

多かれ少なかれみーんな困っています。多分


保育園の数は増えているんですよ
でも保育士さんの待遇を改善しないと人手不足がいつまでも解消されません

乳児・幼児相手は大変ですよ
私は、自分の助産師の仕事よりも大変なんじゃないかと思うくらいです
お給料や労働環境の改善を早々にお願いしたいです
保育園だけごろごろ増えても、保育士さんの質が向上しないと
保育園での虐待や事故が減らないと思います

保育士さんも看護職と同じくらいの待遇になってほしいものです
介護も人手不足と質の向上を望むのであれば、待遇改善が必須だと思います


ところで
時の大臣のようなセレブな生活をされている方に
「庶民の気持ちがわからない」って突っかかってどうするのだろう
大きな民意として、多少騒ぎになるのは悪いことではありません
騒ぎが大きくなれば世論が問題を見捨てていくわけにはいかないでしょうから
でも、問題が取り上げられたら騒がずに議論してほしい

政治家の方々にお願いしたいのは
現実的に何が必要なのかをしっかり審議して、実のある政策につなげてほしいだけなので
感情論に訴えて、言葉の上げ足とって、罵り合うんなら国会でなく別でやってくれ、と思います


保育園問題
困っている人たくさんいますよ

母親が安心してお子さんを預けられて働ける社会に1日も早くなってほしいものです

ブログの言わんとすることは共感しますが「日本死ね」ってのはちょっと・・・
心情的にわからんでもないですが
大元の国家がなくなったらもっとえらいことになりますよ

医師でも助産師でも子育ては初めっから

まずはお詫びを
ご相談や依頼のお電話をいただくことがありますが
自身や長男の体調不良によりお電話口に出られない事もあり申し訳ありません

HPのメールはチェックしておりますので、緊急の場合以外はそちらにメッセージを残していただけますと助かります
ご連絡いただいているにもかかわらずお答えする事できなくて、大変心苦しい限りです
体調の許す限りお答えできたらと思っております
ご迷惑おかけして申し訳ありません

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:

先日ネットでニュース記事を読んでいたら
TVにも出ている女医さんがご自身のお子さんが体調不良のとき、専門家であるにもかかわらず慌ててしまった・・・と言うような内容がありました

小児科が専門ではないけど、医学の知識があっても自分の子供のこととなると違うのだ。と言うお話

これは、よくわかりますね
私は医師ではありませんが、一応産科の専門で赤ちゃんの事にも多少の知識があるはずです

しかし、自分が出産した後は子供に何かあるたびに素人の方に負けないくらいおろおろすることがたくさんありました

わが子を出産するまでは病院勤務だけでしたので
助産師といえど「生後5~6目までの新生児」しか実際には相手にしていなかったため
それ以降の赤ちゃんについては「知識」として知ってるだけ・・・

特に長男は身体が弱かったり、体重が増えなかったり、いろいろありましたので
この女医さんの気持ちがよーくわかります

昨年末出産した、後輩助産師J子ちゃんも
「病院だと入院中の赤ちゃんしかわかりませんよね、自分で産んでみていろんなことがわかって面白いです」と言っていました

そうなんですよ、助産師といってもこんなもんです
そうじゃなくてしっかりしてる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
(J子ちゃんは仕事のできるしっかりものの助産師です)


自分で子供を育てて初めて実感したのは

「子供ってホントに弱いんだ」ということ
実際子供が風邪をひいてちょっと高熱が続いただけで
大人よりもひどい脱水症状があったりと、大人を基準に考えてはいけないということが身に染みてわかったのです

下手に知識がある分、予測しない事が起こるとまぁ慌てる

気をつけてないと、あっという間に悪くなり、あっという間に回復してる・・・

「これ以上はほっとけない」というラインが大人と違うし、コミニュケーションが取れないから状態がわかりづらい
二男はアトピー以外は元気な子ですので良かったけど、長男はいろいろありましたので
こんな事を言うのはなんですが「自分の子を通していい勉強になりました」


長男が風邪を引くたびに脱水を起こし大変でしたが、日本に住んでいれば高度な医療が受けられるので
親子ともども日本の医療に助けられて命をつないでおります

熱が高ければ解熱剤があるし、脱水なら点滴があります

赤ちゃんが弱い存在でも、何か基礎疾患があるなどの条件がなければ
必要な医療が施されればめったに命を落とすようなことはないでしょう

しかし、今でも世界の中では満足に薬が手に入らない国もあります

日本だって戦前はそうだったでしょうね

私の父は12人兄弟なのですがその中で2~3人は幼いうちに亡くなっているそうです
(父は10番目なのでこのあたりの記憶があいまい)

私の母も戦後すぐになりますが、すぐ下の弟を下痢でなくしています
下痢ごときで死ぬのか?と思いましたが

個人差にもよりますが脱水に耐えられる余力がなかったのでしょう
きっと今なら下痢止めと1本の点滴でひどいことにはならなかったと思います

少子化が叫ばれて何年にもなりますが
たくさん産んで生き残れる子たちが大人になれる、といったようなサバイバルな時代なら出生率だけ考えると多くて当たり前だったのでしょう

戦後、新生児死亡率や乳児死亡率が劇的に減少しているので、どの子が生き残れるか・・・なんて心配する時代ではなくなりました

少子化は少なく産んでも育つ時代だからこそなのかもしれませんね


子供の医療で思うところがあっただけでなく
自分が子育てしていて、なおかつ育児相談などのお仕事を通してもう1つ思うのは

「おおらかに育てられる土壌がなくなりつつあるのかな?」ということ

子供そのものが少なくなっているのと
犯罪や事故を考えると気軽に遊ばせる場所も限定される時代なので
妊娠前から「赤ちゃんや子供」を知る機会が減ったように思います

「首の座らない赤ちゃんをだっこ」するのが自分の子が初めてというママが当たり前になりました

兄弟が多かったり、周りに自分より小さい子がたくさんいる環境だと
「子供とはこういうもの」というのが自分が親になる前からわかっていたものが、今では1から知らなくてはなりません

育児の情報だけが氾濫して、ご近所づきあいもないこの世の中
ママ友同士のお付き合いもストレスだったり、ギスギスした人間関係も多いこの時代
昔はいたであろう「おせっかいおばちゃん」もいなくなり
実際の育児に手を差し伸べる人が少なく孤独に育児を頑張っているママも多いのです

母が私を産んだ後、泣いている私を抱きながら洗濯物が干せなくて困っていたら
ご近所のおばちゃんが「ほれ、私が抱いててあげるから干しなさい」と助けてくれたそうです

今なら、そんな良く知らないおばちゃんにうかつに子供を預ける人はなかなかいないですよね

こういう、よく言えば「おおらかさ」みたいなのってもう取り戻せないものなんでしょうかね?
そうは言っても昔に戻ろうったって難しいので、これからの時代にあった新しいいい方法を考えていかなくてはならないんでしょう

時代が変わっても
子育てなんて母親になったら誰でもできて当たり前、なんて思わずに
誰かにちょっとした変化や困りごとを気軽に相談できたり、ストレスを吐き出せたりすることが普通であれる社会だといいですね

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

私の友人で助産師仲間でもある2人はそれぞれ4人のお子さんをたくましく育てています

みんなちゃんとしつけが行き届いていて、会うたびに「すごいなぁ」と感心しています

それでも、そのうちの1人は
「最初の子のときは大変だったよ~教科書どおりにならない事がストレスでね~」と言っておりました

看護系の専門や保育士さんでも自分の子となると、みんな一緒だと思うんですよ

いろいろ知っているから大丈夫だろう、と思われていた私も
わからないことだらけで、ストレスもいっぱいでした
(助産師だから・・・というのもあって容易に人に助けを求めなかったのが良くなかったと後でわかりましたが)

それぞれ個性はあるけど、子育てが大変なのはみんな一緒
大変な事はみんなで分かち合って助け合う
そういうの、広がるといいですね^^

子供は授かりもの?

GWを過ぎてだんだんと初夏の兆しが見えてきましたね

長期予報では今年の夏も暑いとのこと

どちらかといえば寒いより暑い方が耐えられるのですが、そんな私も妊婦でいたときの夏に暑さには辟易しておりました
二男を8月の末に産んでいるので、調度妊娠後期から梅雨に入り出産まで夏のじめじめ感を嫌というほど味わいました

よく聞かれるんですが「いつ頃産むと1番楽ですか?」


長男は4月後半に産んでいて季節的には確かによかったので、暑くもなく寒くもない時期に新生児期を迎えるにはちょうどいいかもしれませんんね
ですが、何月に産まれたとしても夏はあせもなどお肌のケアに気を遣い、冬は風邪を引かせないように気を遣い、春でも秋でもその時々に悩みがあり、「いつが1番楽か」と聞かれてもなかなか「この時期は特におすすめですよ~」とは言えないですね

まあそんなこと言えるのも
世界の中でも衛生状態が良く治安も良くて季節にかかわらず室内の温度を保つことのできる日本に住んでいるからでしょうか

やはり出産を真夏・真冬をできれば避けたいと思っている方々もいらっしゃるようですが、そうかといって出産時期を逆算して調節しようとしてもこれが思うようにいかないこともけっこうあります

自分や家庭の都合で○月に産みたかったけどずれちゃった・・・なんてことは意外と良く聞きます

もちろん調節がうまくいった方もいらっしゃいますけど

そういう私も早生まれにして早く学校に入れたいからと頑張っていたのに、結局4月生まれ・・・

梅雨に入る前には産んでしまいたいと頑張ったわりに8月生まれ・・・

下手に知識があるためいろいろ計画したにもかかわらずこの有様

可愛い息子達には申し訳ないけど、女の子がものすごく欲しかったので産み分けなんかもしてみたけど、それを避けるかのようにして男の子として産まれた息子たち

努力したから、精一杯頑張ったからといって全て自分の思い通りになるものではありませんね

親を選んで自分で決めて産まれてくる、なんてお話しを聞くこともあります

自分のことだけではなく他の方のお話しを聞いていても

 「こどもって産まれてくる時期や性別も自分で決めて産まれてくるんじゃないかな」


と、このお仕事を続けていくほど感じるようになりました

妊娠も出産も、一見計画的に見えるようなことであったとしても人の手で操作された物ではない気がしてなりません
やっぱり授かり物なのかな~なんて思います

子供を授かっただけでありがたいのですが、ついいろんな欲求が顔を出しますね


物事がうまくいくように計画したり備えたりすることは生きる上でとても大事なことと思っていますので、なんでも自然に任せるのがいいとは言いません(受胎調節とか家族計画とかも大切だと思ってますし)

でもこの仕事を通して「天からの授かり物」ってあるんだなぁと時々ふっと想うわけです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。