スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにもご無沙汰すぎて・・・

過去記事を見ていたら、1週間に1度は更新できればいいな、なんて書いてあったけど
色々ありすぎて、気が付いたらこんなにも間が空いてしまいました

皆様ご存知だと思いますが
私はステージⅣの乳がん患者です

それでも、自分の生きがいとして、この仕事を続けていきたいと思いました

しかし、昨年
「自分の身体を大切にする」と言うことをあらためて思いなおし
ホットヨガに通ったり、自分の身体と向き合うことにしたため
またしても、休業することになってしまいました

それでも、HPは出しっぱなしなので
「休業しているのに紛らわしい、とりあえずHPだけでも消したらいいのに」
そう思ったこともありましたが、とりあえずただの自分勝手とは知りつつそのままにしてありました

現在、抗がん剤の副作用で、まだ復帰できる見通しはありません

最近、超有名な方がこの世を旅立たれました
私と同じ病気です
日本中が、奇跡を祈っていたにもかかわらず、悲しい結果となってしまった現実を考えると
私も、夢ばかりを追っているようなことは言えません

まぁ、幸いなことに、抗がん剤による弊害はあるにしろ
病気と上手にお付き合いしている段階でして、すぐに生き死ににかかわる状態ではないです
こういうところは、自分が医療従事者なので、わかりすぎるのもありがたいのかなんなのか、迷うところではありますが・・・

抗癌剤の副作用で私は主に、関節痛と倦怠感と味覚障害があるのですが
それも、日にち限定なので、いつでも辛いわけではないです
ただ、だるくてだるくて仕方のない時
「あぁ、そばで誰かにさすってもらうだけで気持ちが楽になるのに」
「大丈夫だよって、誰かがそばにいてくれるだけで気持ちが楽になれるのに」

何度もそう思いました
病気とお付き合いしながらも、いつか仕事ができるだけの体調が整ったら
薬だけではどうしようもない方々の力になりたいと、心の底から思いました
かなうといいんですけどね~

本来の助産師としての活動だって、できればしたいんですよ
今は、昔と違って「母乳信仰」なんてっ言葉が出るくらいで、時代も変わったなーと思ってますが
何かに執着するのではなく、みんなが母乳も含めて、肩の力を抜いて育児ができるお手伝いをしたいと思っています
この辺りは、この仕事を始めたころに比べると随分意識が変わったように思います


ところで、奇跡何ってそんなにあっちこっちにごろごろあるもんじゃないと思っていますが
小さな気が付かないほどの奇跡って結構あるもんだなと、最近思っています

実は、4月に、抗がん剤の副作用でえらいことになっていた割に
調子を少し戻したところで
「自宅出産のサポートに入ることができました」

それは、私の体調を考えると、その日・その時間でなければサポートに入ることができず
ちょっとした奇跡だったのです(数日前まで寝込んでたし)
でも、お産に入るとアドレナリン出まくり、12時間がっつり働きましたけど
おかげて後でぐったりきましたが・・・相変わらずのお産バカでございます
その時の出産後の写真(助産師Kさんと・掲載の了承は得ています)
DSC_0066.jpg

本当に、この1年いろんなことがあって
仕事に対する意識も変わったし
いい意味で、肩の力が抜けて、今なら前よりもっといい仕事ができるのになぁ~
と思うと、病気である自分の身体が恨めしいと、思わんでもないですが
病気をしたことで、得るものも多かったと思います
病気なんてしないほうがいいに決まってますけどね^^;

ステージⅣと言っても、病状は人それぞれで
十把一絡げにはできません
この先、どうなるかなんて、神のみぞ知るところですが
運があれば、細々ながらもお仕事を続けたいなと思っております

なので、もし、続けるというのならば
かなり、わがままな営業になると思いますがお許しくださいませ
最近、迷惑かからない程度なら、ちょっとくらい仕事したほうが、むしろ精神衛生上いいような気もしています


そうそう、知ってる人は知っていますが
おかげさまで病気の息子もなんとか小康状態になり、回復に向かっています
大学受験に向かって頑張っています
1~2浪はしかたないかな今まで勉強できる環境ではありませんでしたから・・・


以前のように、産科医療のこと・母乳のこと・育児のこと・病気のこと
そんなお話も書きたいことがあります
また、3日坊主にならないようにしたいですね

あ、ツイッターはいったん止めました
また、つぶやきたくなったらアカウント取り直します


それでは、また
スポンサーサイト

ほどほどに生きる

私の治療薬が変わってから、2か月ほど経ちました

おかげさまで、効き目はあるようなのですが、地味ーに副作用があって
寝込むほどじゃないけど、調子が悪くてちょっとお仕事までは手を出せない、という日もありまして
ご迷惑をおかけしております

今日も、抗がん剤投与のため病院受診をして、先ほど家に帰ってきたのですが
やはり、疲れてしまい、夕食の準備まで一休みしようかなと思っているところです

じゃあ、ブログなんか書いていないでさっさと寝ろよ、と言われそうですが
ブログを開けてみたら1か月以上更新がないので
ちょこっと近況や思うことを書き込んでから休もうと思い立ち、今PCに向かっています


6月もいろいろありましたね
今月の私にとっての1番のニュースは「小林麻央さんの病気」についてですね

ご本人・ご家族がどれほど大変か、ご心中お察し申し上げます

いつも、読んでいる現役の医師のブログに書いてあったのですが
時に、かなり大変な状況でも復活して日常生活を取り戻している場合もあって
それは、奇跡ではなくって
医学の常識とかエビデンスとか、そんなものを超えてしまう事象が起きることが本当にあるんです

いったいどういう条件がそろえば、そのようなことが起こるのかはわかりません
まじめに治療に取り組み、生活を見直し、回復に向けて努力しても、回復しない時もあるし
そうかと思えば「え?こんなことってあるの?」と思えるような回復を見ることもあります

こればっかりは、人間の範疇ではわかりえないことなのでしょう

麻央さんには、ニュースになってからいろいろ、よく知りもしない「専門家」があれこれ言ってますが
悲観的になる必要はないと思っています

私は医師ではないけど、助産師の仕事を通して、医学の常識だけでは考えられない事象を経験することもあります
地に足の着いた現実としての「医学」は大事ですが、人知を超えた「感性」も無視できません

とにかく1日も早いご回復を願ってやみません



がんのような生死にかかわる病気じゃなくっても、治癒するのに長期にわたる場合や
ずーっと治療しながらお付き合いしていくしかない疾患を抱えている場合
このような長期戦は、身体的にも精神的にもかなり消耗することが多いのではないでしょうか

うちでいえば、私がまずそうですし、息子の慢性疾患だってそうです

でも、先の見えない治療に取り組んでいたからと言って
簡単にあきらめてしまえばそれっきりだと思うんですよ

辛いのに、「根性論」だけで頑張れ!というのには、私は反対です
生きていれば、病気じゃなくっても誰だって苦しい事や悲しいことが目の前に起こります
弱っているときに、追い打ちをかけるように頑張ったって空回りするばかりか、余計にこじらせてしまうときもあります
ただ、辛いからと言って常に自分を「絶望の淵」に追いやってしまう必要はないんだと言いたかっただけ・・・・


大変な事態が起きたとき
人の考えうる範疇を超えた奇跡が起こるのかどうかもわからないし
もしかしたら、想定していた以上の悲しい結果になる可能性もあるかもしれません

そんな不確実な未来があっても、できる範囲で
「如何に今を大事に考え、その時その時の状況に合わせて1番いい方法を選択する」
ということを、わずかながらでもしていけば
病気の回復・進行にかかわらず、もしくは人生で悲しみや苦しにの中にいても
当人の納得のいく答えがどこかで、ポンと出てくるもんだと
どこかで、自分の知らないタイミングで、人生の岐路をいい方に自然とかじ取りできていた、なんてことがあるもんだと
私は勝手に思っています。あくまで、私が思っているだけです

だから、私は、ガツガツとポシティブでもないし、常に悲観的でもない
「今目の前にある問題を1番いい形で解決するにはどうしよう」
焦点を合わせているところはそこですね

私だって、悲しくて泣けてどうしようもない時だってあるんですよ
そういう時は我慢せず、人に迷惑をかけない程度に吐き出すようにしています
(人に迷惑をかけるっていうのは、暴力をふるうとか物を壊すとか、暴言はいてモラハラに走るとか、そういうのです)

私のように病気で苦しんでいる人もいれば
人間関係に苦しみ毎日が辛い人もいるでしょうし
私の仕事の範囲で言えば、子育てで悩み苦しんでいる人もいます

苦しいな~悲しいな~という時には
基本的には、冷静に理性的に物事への対応を考えられる自分を残しつつも
時には毒を吐き出し、泣いてみたり、気晴らししてみたりするのもいいもんだと思うんですよ

どんな偉業を成し遂げた人であっても、人は完璧ではありません
辛いときは辛いし、悲しいときは悲しいんですよ



麻央さんも北斗さんも私と同じ病気ですが
症状も進行度も違いますので、一緒に考えることはできませんが

1つ思うのは
「統計学的な生存率云々で簡単にあきらめないで、人生どうなるかなんて誰にも解らないのだし
どうしようもない『宿命』もあるけど、未来は何通りかあるのだから・・・
結果に執着をしないこと前提で、もしかしたら生きることに一生懸命であればいいことあるかもよ」
(いいこと、が何なのかは人によりますけど)
悲劇のヒロインになるのも、人生のスーパースターになるのも自分次第
そんなことを考える今日この頃


私は、自分に起こっている、もしくは経験してきた「悪いこと・嫌なこと」がもうどこかの誰にも起こってほしくないと思って生きています

どうか、多くの人が病気や諸々の辛苦によって悲しむことのない日が来ますように・・・

それでは、今からひと眠りしたいと思います^^

意識高い系、は本当はいいのでは?

最近、妙なこだわりを持つ人々に対しても「意識高い系」とか言って
からかわれるようになっていますね

何に対しても意識が高いのはいいことだと思うんですけどね
そして、変に自意識過剰だったりこだわりが強いのは、意識が高いとは言わないと思う


今週はアロマ関係でお知り合いになった
このブログでもリンクさせてもらっている
エステサロンの「クラージェ」さんへ行ってきました
そして、薬の副作用でボロボロ・しみだらけになった顔に
久しぶりにエステも受けてきました

おかげさまで、帰ってきてから旦那に
「顔が明るくなったんじゃない?」と言われました^^

私の病気が再発してからお会いしていなかったので2年ぶりくらいでしょうか
お仕事に対する姿勢も素晴らしく、大きなエネルギーをお持ちの方なので
良いプラスのオーラを浴びて、お顔も心もすっきりして帰ることができました


クラージェさんは
私のように、やってるんだかどうかわからないような仕事ぶりではなく
お店を持ってしっかりとビジネスとして成り立っているのはすごいことです
これからも見習って、自分の仕事につなげていけたらいいなと思っています

エステを受けている間
自分の仕事に対する「プロ意識」や「技術の向上」「接客」についての話もしました
助産師にもいろんな人がいるけど、エステティシャンにもいろいろあるようですね

個人でやっていると特に、その人の裁量でお客さんがついてくるかどうかがシビアに表れてきます
仕事に対しての意識が高く、常にいい仕事ができるように心がけ努力している姿勢が
クライアントに対して常に誠実である姿が
進歩しながら長く続けていられるのだと、お会いするたびに感心しております

今の私は病気治療中であるため仕事をバリバリこなせるような状況ではありませんが
こうして自分で遠くまで運転して出かけることができて
とても良い刺激を受けることができただけでも嬉しく
また、機会を作って会いに行けたらと思っております

一緒に写真を撮ろうと思ったのに忘れてしまったのですよ~(ノ_<)
次は、ブログでUPできたらいいなと思うのでした^^

今年度の目標?のような・・・

3月初めに無事看護学校の講義を終え、テストも作って採点して
とりあえず、今年度の仕事は終わりました

看護学校の講義については今年の9月からまた再開します
半年ほど、踏ん張って資料を作って
他には、自分の助産院のお仕事以外何もしていなかったにも関わらず
そこそこ、忙しく月日が流れていきました

もう、後は手直ししながら、作った資料を使えるので
資料作りにここまで時間を取られなくてもいい・・・
あぁ~良かった・・・

4月からは時間に余裕ができるので、もうちょっと母乳やアロマのお仕事を増やせれたらいいなと思っています

あんまり、急に増やすと体に負担がかかってもいけないので
コンディションを考えつつ~といった感じになりますけど

病気が悪化する前には、1日3件依頼を受けていた時もあったのですが
(毎日じゃないですよ、たまにの話ですよ)
お一人2~3時間とることが多いので、移動時間を入れると朝から夜までになってしまうので
今の体力と家事を両立させようと思ったら
午前と午後に1件ずつにして、多くても1日2件
予約が2日続いたときは次の日は休みを取るなどの
体調とのバランスを考えたやり方でやっていこうと思います

そういえば、昨年の再開時に少し料金を上げさせていただきました
さすがに安すぎると同業者から指摘されましたので・・・
(アロマの方は他と変わらないぐらいなんじゃないのかなと思いますが)
でも、施術や相談の内容・時間を友人に伝えると
「もうちょっと金額をあげてもいいんじゃないの」と言われるのですが
このままでいきたいと思います

保険使えないし、地域によっては補助金が出るところもあるらしいのだけど
この辺にはそういう制度がないですからね
病院行くよりお金がかかってしまうのが辛いところです

実は、自分の病気の悪化で1時休業する前に
2回連続で連絡なしのドタキャンされたことがありまして
あまり金額が安すぎるとこういうことを招くのかもしれないと思い
再開する前に若干料金を上げたのですが
やはり、相談を受けたい・施術を受けたいと思っていらっしゃる方に
負担にならない程度に抑えたいなと思うのです

仕事である以上、お金をいただくわけなのですが
本来は喜んでもらったり安心してもらったりするのが
私にとっては1番うれしいことなのです


前々記事でツイッター始めたもののどうしたらいいかわからないと書きましたね
今年はどこかで妊婦さんやママさん対象のアロマセラピー教室をしたいのですが、これも近くで借りれそうな場所が微妙で
しかも、どうやって人を集めたらいいのかもわからない
こういうのをSNSに載せたらいいのだろうか?

上手に情報を発信している人はすごいな~と思いますね

こんなんで、今年できるんだろうか?

年の初めは1月ですが、4月からは年度の始まりとして
今年度にやりたいことを考えてみたけど
具体的なイメージがまだぼんやりしています

自身も現在進行形の病気ですし、長男も大分回復傾向にはありますがまだ治療中ですしね
ぼちぼち、縁のある所から少しずつ手を付けていこうと思います^^

とりあえずブログの更新はツイッターでUPしようと思います
それでなにか変わるんだろうか?

Twitterはじめました、が・・・

体調のこともあり、ぼちぼちでしか仕事をしておりません
しかし、何らかの形で、いろいろ外に向けて発信できたら
いろんなご縁ができて、実際に自分が動くことが難しくっても
滞っていたものが流れ動くような気がして

ツイッターのアカウントを助産院名義にしてみましたが
(個人でアカウントを持っていましたが、ほとんど使っていなかった)
何をつぶやいたらいいのかわからない・・・

芸能人・有名人の方もしくは、ツイッターなどのSNSでの交流の多い方であれば
「今○○なう」でもいいのかもしれませんが

友人も少ない、その少ない友人もそんなにSNSを利用してない
世に名が知られているわけでもない、そんな私が何をつぶやいたらいいのかわからない

「自分も病気があって、そんなに活発な活動はできないけど、同じような大きな病気をしているような人や、今まで以上に助産師として妊産褥婦さんに、今自分ができることがあればいいなと思ってるんだけど~」
みたいな話を友人にしたところ・・・

「Fbとかツイッターでいろんなことを発信してみたら~」
と、アドバイスを受けたので
取りあえず、助産院のHPから飛べるようにしてみたものの
どうしていいのかわからず放置しております

誰か、何をつぶやいたらいいのか教えてください

「今から母乳マッサージに行ってきまーす」可笑しいでしょ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。