スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授乳中のがんについて

つい先日、受診日でして

薬局でお薬を待っている間にたまたま週刊誌を手に取りました
普段はレタスクラブとかオレンジページなのに・・・


パラパラめくっていたら小林麻央さんの記事が出ていたので読んでしまいました
「カリスマ助産師に母乳ケアをずーっと受けていたのに乳がんに気が付かなかった云々」


授乳中の乳がんは珍しい症例ではあります
そんなにあるもんじゃないです
(統計学的な資料がなくてごめんなさい)


2人に1人ががんになる時代とはいえ
乳房のしこりは良性であることの方が多いので
がんだった場合「かなり不運だった」と言えるかもしれません

そして、30代前半のがんは少ないので
「まさかそんなこと」と思うのも無理はないと思います


そして、授乳中に乳腺炎をこじらせて、しこりが残る場合がありますが
様子を見ていても、ほとんど「乳汁」でして、授乳が終わると徐々に消えていくことになります
(しこりが1年以上たっても消えないので、生検を受けたけど乳汁が出てきた、というお客様もいらっしゃいました)

ちゃんと溜まったしこりを処置しないといけない場合もありますが
(乳汁の炎症が悪化して膿んでしまうような場合です)
これも、そんなにしょっちゅうある話ではないです。
(年に1~2人いるかどうか、自分が対応している症例数にもよりますけど)

授乳中のしこりとがんとの関係はこちらの記事

さらに、授乳中に検診を受けても、乳汁が溜まっているところが写ってしまうので
「授乳中です」と言わないと、まず引っかかってくるのではないかと思います
(授乳中に乳がん検診を受けても無駄、と言っているのではありません、ただ紛らわしいことは事実)


だから、母乳マッサージをした助産師がわからなかったり
授乳中に受けた人間ドックでの医師の「様子を見ましょう」は
ある程度理解できるのです

私は実際に麻央さんの乳房を触ったわけではないし
医師の説明を直に聞いたわけではないので
賛同も批判もできませんけど・・・


ただ、私も1回だけ「これは乳汁が溜まっているしこりではない」と思えるものに出会ったことがあります
(一応キャリアはそこそこあるので、乳汁うっ滞・乳腺炎のしこりでも「これは大丈夫・これは危ない」などの判断はあります。でもそういう類ではないしこりでした)
大豆くらいの大きさで硬さや様子が違いました

脅してしまってもいけないので
「ちょっとこのあたりに、硬さの違うしこりがあって気になります
大体しこりは良性なことが多いのですが、万が一のために今度病院受診された際に一度医師に診てもらっておくと安心ですね(この方には近々病院受診の予定があったので)」

と、私の中ではオブラートに包んだくらいで伝えたことがあります
(あちら様にしてみたらそうではなかったかもしれないけど)

残念ながら、その方がその後どうなったのか、連絡がないのでわかりません
(情けないことにその後「どうですか?診察されましたか?」とも聞けなかった)

無事でいてくれることを祈ることしかできませんでしたが・・・
もっと強く診察を勧めたほうがよかったのかなぁ?

まだ出産してから1か月2か月たったくらいで、育児のストレスもあるでしょうから
あんまり、強く言えなかったけど、もし「悪いもの」だった場合
ちゃんと伝えられなかったことの責任も感じておりまして
未だに「あの時どのようにすれば良かったのだろうか?」と
考えてしまいます


後輩助産師ちゃんから、私と同じような「疑問のあるしこり」について相談されたときも
「やっぱり、ちゃんと受診を勧めたほうがいいよ」とはアドバイスしましたが
のちにどうなったか聞いてみたら
「アドバイスはしたけど、ご本人が様子を見る、ということだったので」とのこと
(後輩助産師ちゃんも悩んでいた)

私が今後また母乳マッサージを何件もこなすようになるのだとしたら
また、このような判断を迫られる状況が起こる可能性があります
どのような言動・態度であればいいのか、考え中であります

少ない症例とはいえ、妊娠中・授乳中のがんの発覚は
ご本人・ご家族にとっても、おめでたいところをどん底に落とされるような悲しみがあるかもしれません

日々、新しい薬品・新しい治療法が開発されております
1日も早く、回復が見込める確率の高い病気になってもしいものです
スポンサーサイト

熊本の大地震 お見舞い申し上げます

熊本で大きな地震が起こり、甚大な被害が出ています
心よりお見舞い申し上げます
まだ余震が続く中、被災されている方々が1日も早く安心できるようにお祈り申し上げます

この日本のどこへ住んでいても地震からは逃れられません
改めて大きな災害への備えを見直し、有事の時にも素早く行動できるように想定したいと思います

さて、この大変なさなか
妊婦さんや小さいお子様をお持ちの方もたくさんいらっしゃると思います

妊婦さんは、少しのストレスでも普段より敏感になっています
「いつもと違う」ということがあったときは、早めに医療機関にご相談ください

医療の手が入る場合、大きなけがをされたり命にかかわる方が優先であることは当然なのですが
自分では気が付いていない、気が張っていて知らずに我慢している
ということから、ひどい状態になって初めて受診される方も多く
本当に医療ケアが必要なのかどうかは、専門家が判断しますので
「なんとなく調子が悪いな、妊娠しているから仕方ないか」と思わずに
迷われるようでしたら、医療機関に1度ご相談ください

「ちょっと下腹が重いな~でもみんな大変だしこのくらい我慢しよう」と思っているうちに
その軽い痛みが陣痛に代わってしまう可能性もあります


母乳育児をされている方は
「災害時の母乳育児」というサイトがありますので
検索していただき、参考にしてください

*ツイッターにサイトのアドレスをUPしてあります

母乳もストレスで分泌が落ちることがありますが、産後1か月以上たっていて完全母乳であれば
すぐにピタッととまることはありません

そして、多少食料が行き届かなくてお母さんが十分に食べられていなくても、母乳を続けてもらって結構です
栄養の足りない母乳がすぐに出てくるわけではありません
もちろん、お母さん自身の体調が悪いときには無理をする必要はないです

そのあたりのことを細かく書いてありますのでご参考にしていただけたらと思います

朝は寒く日中は暑いとはいえ、真冬や真夏ではなかったことがまだよかったとは思いますが
体温調節にエネルギーを使いますと、子供や高齢者にとっては大きなストレスになります
妊婦さんも産後間もない方も同じです
寒いと感じたら暖かく、暑いときは涼しいところで過ごせる配慮をお願いしたいと思います

一刻も早く余震が収まり、日常を取り戻すことができますように

ネットで母乳販売!?

先日の7月7日、無事に第一回目のマタニティアロマの講座を終えることができました
振り返ると、まだまだ上手に伝えられなかったこともあり、反省点もありますので
第2回目の講座ではもっとしっかりお伝えできればと思っております

で、その模様を記事にしたかったんですけど
(実技中の写真が取れなかったので、第2回目が終了してからのUPになると思います)
その前にかなり気になったことがありましたので、そちらから書いていきます


「ネットでの母乳販売

いや~驚きました。というか今まで知らなくてごめんなさい

歴史的には「乳母」という存在があったり
私が就職したころはNICUで他の方の母乳をいただくこともありましたので
(今は簡単に他の入院中のママさんから母乳をもらうことはしません)
「他の人の母乳をもらう」と言うことは別にそれほど違和感のあることではないと思います

ですが、母乳は「血液」から造られております
体液の1部なんですよ

場合によっては、問題になりました輸血や血液製剤からの感染と同じことが起り得ます

「母乳バンク」 正規の団体があります
ドナーになる方の基準もありますし、どのくらいの温度で冷凍・解凍するとか管理においても厳しい基準があります

輸血や血液製剤においても感染などの問題がないように最近は管理が徹底されております
母乳においても同じ管理が必要です

人様の血液を素手で触ることはあまりないけど、母乳は入院中助産師・看護師が素手で搾ったり
私のような開業助産師が母乳マッサージするときも大体は素手で行います
なので、誰かのお乳をもらったところで「感染」を気にされる方は少ないのではないでしょうか

そう考えますと、母乳の出にくい方が「売ってるんなら買えばいい」と思ってもおかしくはありません

確かに母乳にはミルクにない成分があるため、NICUなどで「母乳バンク」を作ってわざわざ活用されているわけなので
「赤ちゃんの成長にできればいいものを」と考えたとき
「できるかぎり母乳を飲ませてあげたい」という気持ちは大事だと思います

ですが、再度言いますが母乳は「血液と同じような扱い」と考えてください

きちんと管理されていない他人様の母乳を飲ませることは危険です

産院で間違って違う人の搾った母乳を赤ちゃんに飲ませてしまうのは
「医療事故」になります

こんな風に書いてしまうと、うかつに他人の母乳に触ってもいけないのか?と思ってしまいますが
別にそこまで神経質にならなくってもいいですよ
そんなこといったら、私たちだって母乳を触るときは常に手袋着用になってしまいますからね

母乳感染するウイルスについてはもちろん注意が必要です
そこは専門家としてきちんと管理すべきことです

「感染」以外でも正規の母乳バンク以外のものは栄養素が壊れてしまっていたり、複数の問題があります

「他人の母乳を正規の団体以外で売ったり買ったり・譲ったりもらったりしないでください」
もうすでに、問題提起されネット記事になっているので、手を出される方が減るとは思いますが
まだまだ知らない方が被害にあわないように知っていただきたく記事にいたしました


最近「母乳育児に追い詰められる」という話をよく聞きます

母乳だろうがミルクだろうがどっちでもいいんだったら
医療的な「母乳バンク」なんぞ存在しないので、できれば母乳を飲ませた方がいいのではありますが

じゃあミルク100%の子に必ずしも問題が起こるのかというと、そういうわけでもありません

ママさんが病気の治療中だったり、何らかの理由で母乳をあげたくてもあげることができない場合もあります

「完全母乳でなくてはいけない」
いったい誰が決めてそんなことを言ったのでしょう?

私は自分が母乳の出にくい体質で苦労したこともあって、その後勉強して、身体にいい母乳がたくさんの赤ちゃんに飲んでもらえるように
出ないと最初っからあきらめなくても、工夫ややり方しだいで母乳量を増やすことができることを伝えたくてこの助産院を始めました

だから、母乳育児を頑張りたい方の支えになるために今後も頑張りますが
母乳育児だけが育児のすべてではありません

育児は短期間で終わるものではありません
なんでも多少の努力は必要ですが、追い詰めて続けることが苦しくなるような方法ではママさんにとっても赤ちゃんにとっても決していいことではありません

創意工夫したのにうまくいかないことがあっても
「自分を責めないでください・追い詰めないでください」

自分を責めて追い詰めて苦しんでいるのを見ているご家族も苦しいのです

「私さえ頑張れば・我慢すれば」1人ですべてを抱かえこんでしまうと、どこかで必ず無理が出てきます

辛いときは誰かに助けを求めることは恥ずかしいことでも何でもありません
誰かに助けてもらってよかったと思えたら、自分に余裕が出たときに誰かの助けになればいいのです

目標や目的があってそのために努力することは大事でも
厳しいルールで自分を縛ってしまうことなく、肩の力を抜いてご自分のペースで取り組んでください


ちょっと説教くさくなってしまってごめんなさい

私も自分を追い詰めて逆に家族に迷惑をかけてしまった苦い経験があります
だから、他の方には同じような思いをしてほしくありません

そんな思いからちょっと長くなりましたが、書かせていただきました


次回は前記事のお肌のお手入れアロマの続編です
ネット販売の母乳に関して何か新しい情報が出たらまた記事をUPすると思います

卒乳とフォローアップミルクのお話

PCの調子が悪く、現在お問い合わせ画面を閉じております
ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません

時々画面が固まってしまうことがあり何時間も動かないことがあります
このPC、買って4年半なんですがもう寿命なんでしょうか?
今年に入ってリビングと子供部屋のエアコンを取り換えましたので
新たにPCを買うのはちょっと・・・

調子がいいと動きも良くなるのでこうしてブログを書いているわけなんですが・・・


さて、久々の母乳ネタ

母乳ケアのお客様からよくいただく質問として
「いつまで母乳ってあげてもいいんですか?」

まぁ3歳くらいまでは問題ないです

できれば1年はあげて欲しいな、というのが助産師からのお願いです

母乳を飲みながら離乳食を食べている子は、アレルギー・便秘・下痢になりにくいというデータがあります
母乳の成分が消化を助けるんですね

1歳過ぎれば、母乳を栄養として必要なのかどうか?っていうお話ですが
このくらいになると離乳完了期に入りますので、栄養的に考えると頑張って飲ませるほどではありませんが
おっぱいが好きな子には精神安定剤的なところもありますので
無理して止めることもありません

1年を過ぎると職場復帰されるママさんも最近は多くて
「保育園に預けるのでなんとか母乳を辞めなくちゃいけないんですけどどうしたらいいですか?」
というご質問を良く受けます

この件に関しては無理にやめる必要はないと思っています
もうおっぱいをあんまり吸わないしお乳も全然張ってこない、という方は自然に吸わせないようにして止めていけばいいと思いますし
どうしてもママさんが止めたいと思うのであればそれでいいと思います

しかし、おっぱいがないと眠れないような子の場合
仕事で疲れて帰ってきて、今まではおっぱいで寝てくれたのに吸わせないよう頑張ったところ
夜泣きで眠れなくなってくたくたになってしまう、ということもあります
赤ちゃんも環境が変わるので夜泣きしてしまうこともあり
朝、赤ちゃんを預ける前に飲ませて、帰ってきたら飲ませてあげて
夜もおっぱいで寝てくれるんならそれでいいと思うのです

お乳が良く出る方は仕事中お乳を搾らないと張ってくる可能性もあるので大変かと思いますが
吸わせる回数が減ってこれば自然と分泌も落ち着いてきますし
おっぱいをあげないことで寝てくれないことと天秤にかけて
ご自分が楽な方法を取っていただけるのがベストだと思います

ピタッと止めちゃうんじゃなくって、徐々に吸わせる回数が減っていつの間にかやめていた・・・
というほうが、お仕事を始められていても無理がないんじゃないのかな?と思うわけです

皆様それぞれ考え方がありますので、どれが1番いい方法という正解はないと思っています
ご自身と赤ちゃんに合った方法を考えていただくのが1番ですね

卒乳した方がいいのかな?と思った時
その方のおっぱいの状態で、止め方やケアの仕方も変わってきます
止める時、必ず助産師のマッサージを受けなくてはならないわけではありませんが
個人差を考慮して、自分に合う方法を1度専門家にご相談いただいた方がいいかもしれませんね
そのほうがトラブルが少なくて済むと思います

たまに「卒乳の際は必ず助産師のケア・マッサージをを受けないとトラブルになる」とおっしゃる助産師の方もいらっしゃるようなのですが
私はケースバイケースで、本当にケアが必要かどうかまずお電話やメールなどで確認してからでもいいと思います

上にご兄弟がいたり、家庭環境によっても対処の仕方が変わってきます
私の場合はなるべくその方の生活に合うやり方で、精神的に負担のない方法を一緒に考えていくようにしています
「どうしても」とか「必ず」などは思い込まないほうがいいんじゃないでしょうか?


話は変わりますが
10か月過ぎると「フォローアップミルクにする必要があるのか?」というご質問もたまに受けます

別にフォローアップミルクにしなくても貧血にもならないし栄養素が不足するわけではありません
母乳をやめてまで飲ませる必要はないと思っています
今まで普通のミルクをあげていて、フォローアップミルクに買えたらお腹の調子が悪くなってまた今までのミルクに戻した、という方も時々います
合わないこともあるんです

こうやって書くとフォローアップミルクが全然ダメみたいないい方になりますが、完全否定しているわけではありません
ただ、母乳を推進している団体やサイトを見ているとなるべくあげないほうがいいんじゃないのかな、というのが多いようです

「無理してわざわざ変えるもんでもないですよ」
今のところそうアドバイスさせてもらっています

ミルクオンリーの子でも必ず変える必要はないと思っています


卒乳の時期について問われた時
「おっぱいはママが止めたい時が止め時」いつもそう言っております

誰かに言われたから、みんなそうしているから、そんな基準で判断しなくても大丈夫だと思いますよ

フォローアップミルクはまだまだ勉強していきたいと思います
いろんな意見がありますので・・・

また違う情報が出たらアップしていきますね

おっぱいが詰まる時の応急処置は

おはようございます
こちらは雪が降っています
朝はそれほどでもなかったのすが、だんだん振り方が激しくなってきました

寒いですね~もっと雪深い土地の方から言えば大したことないんでしょうけど・・・

今は休業中なので訪問することがないのですが
こういう天候の悪い日は、車の運転技術が今一つなので困ってしまいます
そして、だんながロードスターという2人しか乗れないうえにスタッドレスをはめていないため
私の車が通勤で取られてしまいます

以前もすぐにお手入れに行きたいのに「車がない!」
旦那は車が好きなだけで、別にギャンブルもしないし(パチンコとか競馬とか)
どちらかというとお金の管理は私よりしっかりしているので、好きな車にくらいは乗せてあげたいと思っているので
「天候の悪い時の車の確保」をどうにかしたいと悩んでおります
いざとなったら、すぐそばに住んでいる実父母に借りるんですけどね

さて、本題ですが

そんな天候悪化や夜中にトラブルを起こしてしまう時は、なかなか来てもらったり行くことができなくて困りますよね

そんな時の応急処置は
*まず熱が出て赤くはれ上がってちょっと触れるだけでも痛みがひどいときは
 ケーキやゼリーを買った時の小さい保冷剤を小さいタオルで包んで、一番痛いまたは赤みのひどい場所を冷やします

*しこりもあるけどどんどん大きくなる感じがなく、痛みのそれほどひどくない場合は、水で絞った小さいタオルなどで熱を取りながら様子をいます。暖かくなったらタオルを取り換えるのですが、濡れるのが嫌な場合は「冷えピた」や「熱さまシート」などを張ってもいいかもしれませんね。この場合は張ってかぶれるようであれば止めておいてもらった方がいいでしょう


どちらにしてもお願いしたいのは

★しっかり飲ませてほしいということ
 *詰まったほうのお乳を嫌がって飲まない時が時々ありますが、その場合も頑張って飲ませてあげてください
 *赤ちゃんが同じ姿勢で飲ませていると同じところばかり楽になってしまうので、抱き方を変えたりして飲ませてあげてください。ただ、姿勢を変えると赤ちゃんが嫌がる場合がありますのでそういうときは、口の角度や頭の位置を変えるなど工夫してみてくださいね
 *古いお乳や溜まったお乳は身体に悪いので搾って飲まさないほうがいいと言われる方もいらっしゃいますが、黄色や緑色の膿のようなものが出ていなければそのまましっかり飲ませてください

★お乳は揉まない 
*しこりがあるとどうしても肩こりのように揉み解したくなるのですが、揉んでしまうと刺激が強くなる言過ぎて余計にしこりが大きくなってしまいます
どこかが詰まって入口がふさがっているのに、しこりだけグリグリしてしまってもどこへもで口がない状態でたまる一方です

この処置だけで改善されるときがあります
自分の状態がどれに該当するのかわからない時、どの処置が最適なのかわからない時は気軽に専門家に聞いてくださいね

セルフケアでも実際にマッサージを施してもうまくしこりが取れない場合があります
大抵は、自然に落ち着いてくることが多いです
セルフケアやマッサージなどの処置後のお話はまた近いうちに書きますね


ここ数年マッサージなどの処置を施したものの、しこりが残ってしまう場合にはアロマ湿布をお勧めしております

無水エタノール30mlに
・ゼラニウム5滴 ・ティートリー4滴 ・ペパーミント1滴
を入れて、このままだと濃度が濃すぎるので、できた分の5分の1くらいを水で薄めてガーゼなどで貼り、ラップで覆います


ペパーミントはお乳の分泌を抑える役割がありますが、あまり入れすぎるを刺激が強いので1滴で十分です

いつもマッサージさせていただいた方で、しこりが残る方、痛みが若干残る方には使い方を説明してお渡ししています

アルコールがダメな方は使えませんのでその時は別のものを用意したいと思います

アロマも使い方によってはいいときも悪い問いもあるのでわからない時は聞いてみてくださいね


早くお天気が良くなるといいですね、書いている間にお日様が出てきました
雪が解けるといいんですが・・・^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。